ドロップシップ

DROP SHIP

登場作品:スターシップトゥルーパーズ(1997

STARSHIP TROOPERS

 

 

 

 

ガルーブ製 アクションフリート

アクションフリートのレギュラーシリーズでモデル化された同作の連邦軍メカは

TACファイターと救助艇の2種で、機動歩兵にとってある意味主役メカとも言える

ドロップシップは電動リモコン仕様というイレギュラースタイルで目出度くモデル化。

ただ残念な事に他のモデルと異なり日本国内では輸入販売されませんでした。

 

1997年発売/定価:$?

 

 

SIDE VIEW

全長:約22cm

 

ロジャーヤングに代表される連邦艦に大量に搭載されていたドロップシップ。

敵陣を制圧すべく機動歩兵を送り込むのが主目的ですが相当な攻撃力も有しています。

モデルはそんなドロップシップを劇中モデルに則した形で造形しているのですがリモコンと

いう性質上なのか通常のアクションフリート以上に省略&アレンジが強めとなっています。

 

 

TOP & BOTTOM VIEW

劇中モデルは全長に対してもっと全幅のあるスタイルで、機動歩兵を収容する底部の

コンテナももっと幅広となっています。上部にあるミサイルランチャーは玩具オリジナル。

底部を見るとディティールの省略ぶりが激しい事が解りますね。

 

 

FRONT & REAR VIEW

正面から見るとコンテナの小型ぶりが目立ちますね。

後部から伸びるリモコン用のコードは取外し不可なのが何とも残念。

よく見ると中々の重武装。背部のランチャーはオリジナルなれど良い感じです。

因みに尾翼のシールはユーザーが貼る仕様となっています。

モデルの造形は全体的な雰囲気は良しとしても通常のアクションフリートモデルが持って

いるキレは正直薄め。造形面に関してリモコンという付加価値がマイナスに働いています。

こういうモデルだと割切れれば良いんですけどね。

 

 

ACTION

先述の通り本モデルはリモコン仕様で本体とコントローラーがコードで繋がれています。

電源として単2×2本をコントローラー内にセットすれば準備OK。

 

 

いざ 操船!

コントローラーにある左側のレバーを倒すと本体底部の「脚」が動き前進します。

右側のボタンを押すと本体上部にあるランチャーからミサイルを発射。左から順番に

発射するのが芸コマです。本モデルは中古だったんでミサイルが1本欠品でした(涙)

ランチャーは手動で左右に先回&仰角を変更可能。

ミサイル発射後に後部のリセットボタンを押すと再装填が可能になります。

 

 

船体各部の機銃が旋回!

船首底部&左右にある機銃が画像上の様に旋回可能です。また機体両翼にある

機銃パーツはボール状のユニットになっているので画像下の様に可動します。

 

 

コクピット開閉!

内部のシートに人形を3体搭乗させる事が可能なのですが誠に残念ながら本製品に人形は

付属せず…なので他のアクションフリートに付属する人形を使用して撮影してみました。

 

 

前・後部ハッチ開閉!

機動歩兵が乗船&下船するコンテナ部のハッチが開閉可能。

モデルはリモコンのメカが入っているので実際に人形を乗船させる事は不可なのですが

代わりにシールで再現された機動歩兵が姿を見せます。(シールはユーザーが貼る仕様)

因みに劇中モデルではコンテナ部が内部で左右セパレート構造となっており、

前後のハッチも左右2枚(前後で計4枚)の仕様となっています。

設定では1機のドロップシップに150名の機動歩兵を収容可能!

 

 

救助艇と2ショットで

劇中、敵の本拠地であるクレンダス星へ大挙して降下するシーンが最大の見せ場。

着陸後に上方に向け援護射撃(照明弾かな?)する姿も確認出来ますが、もう少し派手な

攻撃シーンがあっても良かったかな? 尤も作戦自体は不正確な情報に基づく無謀なもので

作戦開始1時間後には10万人もの死者を出した上で敗走いう大失態だった訳ですが(涙)

 

モデルに関してはメーカーとしては良かれと思って(か?)リモコンというDX仕様に

したものの、個人的にはやはり通常のアクションフリート仕様の方が有難かったかな?

大好きなメカだけにもう少しディティールの再現に拘って欲しかったです。

 

 

 

 

小型駐機場へ戻る

航空宇宙博物館の入り口へ戻る

 

 

inserted by FC2 system