ブルロード

トミー:トミカ21世紀計画シリーズ

 

 

 

 

トミー製 プラトイ

「トミカ21世紀計画」と銘打たれた3種の建設メカシリーズの1つで

モーター動力により舗装道路を敷設していきます。

 

1998年発売/定価:2200

 

 

SIDE VIEW

全長:約19.5cm

 

同時期に登場したヒカリアンのビッグワンダー等と比較すると少々クラシカルで

親近感の湧くデザインのブルロード。地に足が着いた感じが良いですね。

 

 

TOP & BOTTOM VIEW

シンプルな上・底部。後部に搭載するロードプレート(後述)は外した状態になります。

 

 

FRONT & REAR VIEW

3歳以上向けの玩具なので細かなディティールは望めませんがシールで補完しています。

機関車の様な力強いシルエットが魅力のブルロード。この辺のデザインワークの良さは

トミーが持つ大きな武器。ディティールアップすると映えそうです!

 

 

ACTION

画像の位置に電池ボックスが。単3電池1本で可動するのですがカバーがネジ止めだったり

剥き出しになった前輪シャフトの奥に電池を入れる処等、3歳以上にしては?な部分も。

フロント左側にあるレバーをONにすると先端にあるデルタブレードが前方に伸び、

これをボディに引き戻す時に前進。これを繰り返しながら前進していきます。

 

↓付属のロードプレートを後部に積載。

画像左のロードプレートは連結式で20枚付属。

これをブルロード本体の後部に積載します。(積載出来るのは10枚ほど)

 

そしてブルロードを走行させると↓

ロードプレートを1枚ずつ後部へ設置、自動的に連結されていきます。

画像にあるパイロンは6個付属。

 

走行中、後部のサインボードが「注意」と「作業中」を交互に表示します。

 

 

パッケージより

別売りのブルコンベアとブルステーションを合わせれば遊びの世界が広がります。

 

ブルロードはブルステーションのパワーユニットとしても機能。

運転台右の切り替えスイッチ(画像右A)で右側下部にあるジョイント(画像右B)が

回転。これにより接続したブルステーションが動き出します。

 

 

道はブルロードの通った跡に出来る

次々と道路を敷設する様子が何とも楽しいブルロード。

相変わらぬセンス良いデザインもあってSF建機ファンに必須の1台です。

 

 

 

 

特殊車両博物館

 

 

inserted by FC2 system