ジェットブルドーザー

POD DOZER

登場作品:サンダーバード ARE GO2015

THUNDERBIRDS ARE GO

 

 

 

 

タカラトミー製 サンダーバードトミカ11

2号のポッド内で組立てられる通称‘ポッドメカ'と呼ばれる救助メカ。

ジェットモグラ、高速エレベーターカーに続いて目出度くジェットブルドーザーも

トミカ化されました。 タカラトミーの積極性が嬉しい1品となっています。

 

2016年5月21日発売/メーカー希望小売価格:700円(税抜き)

 

 

SIDE,TOP & BOTTOM VIEW

全長:約5.8cm

 

共通のコア部分を有しているポッドメカ。 ジェットブルドーザーは車台部分も

ジェットモグラと共有しているのですが、オリジナル版ジェットブルドーザーと異なり

SF色は薄めで現用車両っぽいイメージを受けるシルエットとなっています。

 

 

FRONT & REAR VIEW

 

ドーザーブレードと本体を繋ぐアームやダンパー、コアの前部にあるラジエター等に

クラシカルな雰囲気を感じざるを得ないんですが、これは狙いなんですかね?

リアに関しては他のポッドメカ同様に飾り気の無いものとなっています。

 

 

結構小型メカなんで作品世界に於いても‘スペシャル感'を余り感じられないんだよなぁ。

実際、劇中で大した活躍が出来ない辺りがポッドメカの弱点となっている気がします。

 

 

 

ACTION

 

ブルドーザーらしくドーザーブレードが可動するんですが、画像の通りその範囲は

かなり限定的なものに。 モグラ同様に回転可能な樹脂製クローラーも少々キツめなので

スムーズな転がし走行…という訳にはいかないのもウ〜ンな感じ。

 

 

ポッドメカセット版と

 

ポッドメカの設定を活かしたポッドメカセットも良いですがサイズと密度に拘ったトミカ

も負けじと良いアイテムだと思います。 何よりサンダーバードトミカは単体よりも

集める事で楽しさを増す営業戦略を採っているのがファンとして嬉しいところです。

 

 

ポッドメカセットに付属のポッドでパチリ。

サイズ的にはトミカの方が合っているみたいですね。

 

 

組み換え出動!!ポッドメカセットの展示室へ→

サンダーバード2号の展示室へ→

 

 

 

 

特殊車両博物館の入り口へ戻る

 

 

inserted by FC2 system