T-100

登場作品:ターミネーター4(2009

TERMINATOR SALVATION

 

 

 

 

プレイメイツ製 アクションフィギュア

映画公開時に展開されたアクションフィギュアシリーズの1品でホットトイズ・ジャパン

により日本国内でも正式に販売されていました。商品名は「T-1」となっているのですが

「ターミネーター3」に登場した若干形状が異なるT-1と混同する為なのか、

各方面に於いてT-1の発展型モデル「T-100」という名称が与えられている様です。

 

また画像右側は台紙裏面にある写真なのですが下半身である台車部が

前後逆となっており封入されているインストも同様となっています。

メーカー側の初歩的な勘違いだと思うのですが真相は…?

 

2009年発売/定価:2100

 

 

SIDE,TOP&BOTOM VIEW

全長:約11.8cm

 

実物?に於ける全体的なサイズは対人戦闘用という事で全高2m程度と小型なT-100

上半身とのバランスを取る為に車台後部にもう1つキャタピラを設けたユニークな設計で

モデルのキャタピラはダミーなのですがユニット内に装備した車輪により

転がし走行が可能となっています。

 

 

FRONT & REAR VIEW

主武装は両腕に装備したガトリング砲。態々腕状にしたり上体を後方へ反らしたりする辺り

合理性よりも人間に対する威圧感を優先したデザインの様です。

モデルは非常にマジメに造形されていて車台部には汚し塗装が施されています。

 

更に悪役顔に

丸顔だったT-1よりもシャープな顔つきとなり悪役度がアップ!

眼や頭頂部にはクリアパーツが使用されているのですが小さい事もあって効果は薄めです。

 

 

ACTION

底部の車輪と上体は連動していて走行に合わせて上体が正面から左90度に回転。

走行を続けると再び正面に戻り、これを繰り返します。

 

ガトリング砲の基部は旋回可能。更に砲口部はミサイルとなっており砲の横にあるボタンを

押せば砲口部が飛び出します。また後方キャタピラユニットも基部で旋回可能です。

 

 

まぁ、チョイ役な訳ですが

移動・索敵・攻撃…と、単純な行動プログラムしか持たないらしいのですが

後に登場する複雑そうなヒューマノイドタイプのターミネーターよりも

大量投入による拠点防衛・対人戦闘にはこれで充分過ぎる気もします。

 

T-800の展示室へ!←画像クリックでT-800の展示室へ。

 

 

 

 

軍事車両博物館の入り口へ戻る

 

 

inserted by FC2 system