超音連絡機

SPECTRUM PASSENGER JET

登場作品:キャプテンスカーレット(1967

 

超音連絡機は7名分の客席を設けた人員輸送時に使用する航空機。

基本非武装だが空対空ミサイルを装備した事も。

 

 

 

 

VIVID製 ダイキャストモデル

単品売りされていた追跡戦闘車、パトロール車、エンゼル機(2機)

と共にセット販売されたもので日本では未発売でしたが輸入業者などにより

一部のマニア向けショップで販売されていました。

 

1993年発売/定価:£?

 

 

SIDE VIEW

全長:約11.2cm

 

モデルの性格上、省略の多い造形ですが面白いのは後部の車輪付近で

どうも昔のイマイのプラモデルを参考にしているのではないかと。

 

 

TOP & BOTTOM VIEW

垂直尾翼と同様に主翼&機首のカナードも前進翼。

エンジンは主翼の上、垂直尾翼の根元に2基装備。

転がし走行が可能→

ミニカー的な意味合いも持った商品ですね。安全対策か機首は軟質素材を使用。

 

 

FRONT & REAR VIEW

玩具とはいえ流石90年代製。60年代によくある過度なディフォルメは無く

造形のベクトルは程好くリアルな方向へ向いています。

 

 

設定全長:23.8m

劇中では主翼を90度回転させエアブレーキにしていました。

スカーレットメカの中では大人しい存在ですが商品化には割と恵まれています。

 

 

 

 

エアポートへ戻る

航空宇宙博物館の入り口へ戻る

 

 

inserted by FC2 system