ミクロ円盤UFO

 

 

 

 

タカラ製 ミクロマン コスモカーシリーズ

1970年代中期に登場したミクロマンは玩具メーカー・タカラによるオリジナルキャラクター。

変身サイボーグの流れを汲んだミクロマンはTV媒体に頼らずともアニメ・特撮玩具に

負けない人気を誇る名シリーズとなりました。ミクロ円盤UFOは比較的初期に

発売された乗物で、その優れたデザインにファンも多い様です。

パッケージにある様にボディカラーが赤と青の2バージョン有り。

 

?年発売/定価:?円

 

 

SIDE VIEW

全長:約16.5cm

 

美しい流線型のボディに航空機然とした垂直尾翼を配した機影は中々のカッコ良さ!

前後にある走行用の車輪が「円盤」っぽさを若干欠いてはいますが

本機のカッコ良さはこれも含めてのものだと思います。

 

 

TOP & BOTTOM VIEW

円盤らしいシルエットながらも双胴機の様でもある上・底部。

合金製ボディの上部にあるクリアパーツ製の大きなキャノピー内にはシートが2つ。

並列複座の円盤という発想には子供だった当時、新鮮な衝撃を受けました。

残念ながら中古機なのでシールの剥れ等、チョイチョイ傷みがあります。

 

 

FRONT & REAR VIEW

機首中央にあるクリアパーツで表現された部分はライトではなくレーザーガン。

後部の垂直尾翼は「Gウィング」と名付けられています。

 

円盤と航空機を高いレベルで融合させた見事なデザインが心を奪います。

マッハ20で飛行可能なミクロ円盤UFO、地球を拠点に宇宙をパトロールだ!

 

 

ACTION

キャノピーを取り外せばミクロマンを2体搭乗させる事が可能。

そのキャノピー上部にはアトムカノンを装備。アトムカノン上部のスイッチを押せば

先端にセットされた光子爆弾が発射されます。(光子爆弾は2個付属)

後部には走行用のゼンマイユニットを装備。ノズル型のリューズを巻けば

ゴムタイヤにより走行が可能となります。

 

 

パッケージ裏面より

初期のマシンカーシリーズやマリンコプター、エスカルゴにミクロセスナ…

どれもカッコイイなァ〜♪ TV番組のキャラじゃない故に自分オリジナルの

ストーリーが創り易くて想像力が刺激されるんですよね。

この辺がミクロマンの大きな魅力かもしれません。

 

‘コスモカー’と言うだけあってサイズも含めて車っぽくもある本機ですが

初期ミクロマンのデザインワークは本当に素晴らしいものが多いですね。個人的には

ミクロマンコマンド辺りを境目にデザインに対しての興味は薄れていくのですが…

 

 

 

 

小型駐機場へ戻る

航空宇宙博物館の入り口へ戻る

 

 

inserted by FC2 system