チャリオット

登場作品:宇宙家族ロビンソン(1965

 

 

 

 

ジョニーライトニング製 ミニカー

プレイングマンティスのミニカーブランド‘ジョニーライトニング’は1998年、

トレンドマスターと同調する様に‘元祖’宇宙家族ロビンソンを商品化。

ジュピターU、B-9、スペースポッドと共にチャリオットがモデル化されました。

 

1998年発売/定価:$?

 

 

SIDE VIEW

全長:約5.7cm

 

上半分がガラス張りという思い切ったデザインのチャリオット。

モデルは小品ながらツボを押えた造形となっておりユーザーを楽しませてくれます。

 

 

TOP & BOTTOM VIEW

細かなディティールも頑張って再現している様子が伺える上部。

キャタピラは流石にダミーで、画像の通りプラ製タイヤによる転がし走行が可能です。

 

 

FRONT & REAR VIEW

オレンジに塗られた座席が非常に良いアクセントになっています。

ガラスのフレームを銀で塗装するとグッと締まりそうですね。

6歳以上向けモデルですがアチラのミニカーの基本造形ってのも馬鹿に出来ません!

 

 

チャリオット(THE CHARIOT)とうのはオリジナルでの呼び名で

日本的には「宇宙探検車」だったか「スペースタンク」だったかな?

 

 

ジュピターU&B-9‘フライデー’も

ジュピターUの展示室へ!ロボットB-9‘フライデー’の展示室へ!

画像をクリックするとそれぞれの展示室へ飛びます。

 

 

 

 

宇宙開発局へ戻る

特殊車両博物館

 

 

inserted by FC2 system