AAA ヴンダー

Autonomous Assault Ark Wunder

登場作品:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012

 

 

 

 

バンダイ製 食玩

エヴァンゲリオン メカニクス

劇場公開後約1年ほど経って発売された商品で同作品の息の長さが商品からも伺えます。

同作品の商品はキャラとEVAがメインでしたが本商品は「メカニクス」と銘打っただけ

あってヴンダーが堂々のラインナップとなりました。 全5種+シークレットなのですが

メカ自体はヴンダーとブースターの2種で、箱のデザインで選択可能となっています。

パッケージ裏面より→

 

2013年9月発売/標準価格:660

 

 

SIDE VIEW

全長:約18cm

全長等の設定は不明なのですが劇中をみるに1500m以上はありそうなヴンダー。

馴染みのある部分と正体不明な部分を組み合わせ不思議な雰囲気を醸し出す艦影は

エヴァの世界には良く似合っていますね。

 

 

TOP & BOTTOM VIEW

鳥の様なシルエットの上・底部。 ナスカの地上絵みたいですね。

モデルはプラ素材製なのでカッチリしていて良い感じ。

本体部は小さいものの中々頑張った造型を見せてくれます。

アバラの中が気になる…

 

 

FRONT VIEW

巨大な主翼は逆ガル式。

面白いアクセントとなっている上部のパラボラは東宝メカっぽさを演出しています。

主翼や尻尾などを外すとブルーアース号っぽく見えたり?

 

 

REAR VIEW

真後ろからのシルエットは正面からのそれと比べ変化は抑え目なものに。

モデルはエンジン部のノズルも一応開口する等、気を配られた造型が良い感じ。

メカとして論じるには少々その定義から外れるヴンダーですが

エヴァフィルターを掛けて見ると格好良さが伝わる感じがします。

 

 

ディスプレイ台&EVAが付属

ディスプレイ台には乗せているだけになります。

EVAは第13号機、改2号機γ、Mark.09の3種類の内どれか1つが付属します。

(画像は改2号機γ)

3種のEVAを揃えようと思うとヴンダーは最低でも3隻に。 金額を考えると…

 

 

奇跡の方舟

懐かしいBGMに乗せて勇躍動き出すヴンダーは「Q」の大きな見せ場!

巨体に似合わぬ動きで大活躍でしたがその真価を発揮するのは当分先の様です。

 

 

 

 

エアポートへ戻る

航空宇宙博物館の入り口へ戻る

 

 

inserted by FC2 system